熊本県立装飾古墳館分館 歴史公園鞠智(きくち)城・温故創生館

  • │
  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム
  • │

  • お知らせ・イベント
  • 鞠智城について
  • 温故創生館のご案内
  • 周辺観光マップ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク集

トップページ > 鞠智城とは > 古代山城めぐり

文字の大きさ小中大

鞠智城について

  • 鞠智城とは
  • 鞠智城内施設マップ
  • 鞠智城の歴史
  • 復元建物と城内施設
  • 鞠智城散策ルート
  • 菊池川流域の歴史と鞠智城
  • 古代山城めぐり

古代山城めぐり

金田城(かなたのき)・長崎県対馬市

2012.08.14 掲載

 金田城(かなたのき)長崎県対馬市

 古代日本の国防の最前線「金田城」を御紹介します。

 日本書紀 天智3年(西暦664年)に、「対馬・壱岐・筑紫に防(さきもり)、烽(とぶひ)を置く」との記事があります。

 前々回に御紹介した「水城」が築造されたのと同時期のことです。そして、天智6年(667年)11月に「対馬に金田城を築く」との記事がみえます。

 国道382号線を厳原から美津島町鶏知に向かって走り、鶏知で県道24号線を箕形に向けて進むと、ほどなく金田城のある城山(じょうやま)入口を示す看板に出会います。車がやっと1台通れる、コンクリート舗装の道をたどると、登山口に着きます。

 ここからは旧日本軍が建造した砲台用の軍用道路で、起伏の大きなこの道を徒歩でたどり、途中、壮大な金田城の石積みの城壁(石塁)をみながら頂上に至ります。西方向に向け、東シナ海の素晴らしい眺望が開けます。足下には、非常に強固に造られた砲台跡が風雪にさらされています。

金田城は昭和57年3月に国の特別史跡に指定されています。

 写真上段:東南角の石塁(金田城壁石垣と表示)

 写真中段:三ノ城戸(海側からみて左側)

 写真下段:頂上からの眺望

 


バックナンバーはこちら


  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム

このページの先頭へ


〒861-0425 熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1 TEL/0968-48-3178 FAX/0968-48-3697

 COPYRIGHT (C) KIKUCHI-CASTLE / ONKOSOUSEIKAN 2006.ALL RIGHTS RESERVED.