熊本県立装飾古墳館分館 歴史公園鞠智(きくち)城・温故創生館

  • │
  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム
  • │

  • お知らせ・イベント
  • 鞠智城について
  • 温故創生館のご案内
  • 周辺観光マップ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク集

トップページ > 鞠智城とは > 古代山城めぐり

文字の大きさ小中大

鞠智城について

  • 鞠智城とは
  • 鞠智城内施設マップ
  • 鞠智城の歴史
  • 復元建物と城内施設
  • 鞠智城散策ルート
  • 菊池川流域の歴史と鞠智城
  • 古代山城めぐり

古代山城めぐり

屋嶋城跡(やしまじょうあと)・香川県高松市

2012.03.03 掲載

 屋嶋城(やしまのき)は、「日本書紀」天智天皇6年(西暦667年)に、「築倭國高安城、讚吉國山田郡屋嶋城、對馬國金田城」との記事が見えます。ここに、屋嶋城だけ山田郡と書いてあるのは、讃岐城山城(坂出市、神籠石系山城)が既に築城されていたからとの説もあるそうですが、いかがお考えになりますか。

 さて、屋島の西海岸側にある浦生(「うろ」と訓むそうです)集落から登った谷には以前から石塁が確認されていましたが、屋嶋城の姿は不明のままでした。近年になって、地元で研究されている方が新たな石塁を発見(平成10年)したり、平成14年には高松市の教育委員会により城門が発掘され、平成24年3月現在では、その城門の保存整備工事が行われています。また併せて浦生地区から登った地点の発掘調査も続けられており、屋嶋城の実態が解明されつつあります。
 屋嶋城がある、この屋島は、古墳あり、屋嶋城あり、唐僧鑑真が開いたとされる屋島寺あり、源平合戦の古戦場ありと幾重にも歴史の痕跡をとどめています。古代から重要な瀬戸内の海上交通の要衝であったのでしょう。 

  写真は、上から屋島遠景(琴電車内から撮影)、琴電屋島駅近くからの屋島、屋嶋城の城門整備工事の状況です。(全て平成24年3月1日撮影)

 おことわり:今回は、高松市教育委員会の渡邊さんに御案内いただき、この記事を作成しましたが、文責はこのコメントの作成者にあります。
 


バックナンバーはこちら


  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム

このページの先頭へ


〒861-0425 熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1 TEL/0968-48-3178 FAX/0968-48-3697

 COPYRIGHT (C) KIKUCHI-CASTLE / ONKOSOUSEIKAN 2006.ALL RIGHTS RESERVED.