熊本県立装飾古墳館分館 歴史公園鞠智(きくち)城・温故創生館

  • │
  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム
  • │

  • お知らせ・イベント
  • 鞠智城について
  • 温故創生館のご案内
  • 周辺観光マップ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク集

トップページ > 鞠智城とは > 古代山城めぐり

文字の大きさ小中大

鞠智城について

  • 鞠智城とは
  • 鞠智城内施設マップ
  • 鞠智城の歴史
  • 復元建物と城内施設
  • 鞠智城散策ルート
  • 菊池川流域の歴史と鞠智城
  • 古代山城めぐり

古代山城めぐり

とうれぎ土塁・佐賀県基山町

2012.10.05 掲載

 古代山城基肄城の南東側には、小水城ともよばれる土塁が2ヶ所で確認されています。それが、関屋土塁と、今回紹介するとうれぎ土塁です。どちらも佐賀県基山町に位置しています。

 

 関屋土塁、とうれぎ土塁はともに久留米方面から太宰府に抜けるルート上に築造されており、大宰府の防衛ラインの一つであったと考えられています。

 

 関屋土塁は道路と鉄道によってほとんどその痕跡を残していませんが、とうれぎ土塁は若干の高まりが現地で保存されています。

 

 現地の説明板によると、昭和50年度の調査によってこの土塁から版築が確認されたとのことです。現在では宅地等によって削られており、築造当時の面影はありませんが、往事は向平原丘陵と千塔山丘陵の間、約350mを結んでいたとのことです。

 

 築造当時は平地を塞ぐ巨大な防波堤のような威容を見せていたことでしょう。


バックナンバーはこちら


  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム

このページの先頭へ


〒861-0425 熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1 TEL/0968-48-3178 FAX/0968-48-3697

 COPYRIGHT (C) KIKUCHI-CASTLE / ONKOSOUSEIKAN 2006.ALL RIGHTS RESERVED.